体に良い酢の種類と効能
クローバー
夢ひろい原っぱロゴ
夢ひろい原っぱ・ふくっチャとうさっチャ

クローバー体に良い酢の種類と効能

「酢」には驚くべきパワーが秘められています。
特に長期熟成、発酵して造られた黒酢、もろみ酢、香酢、きび酢などの天然醸造酢には
水で割って飲むだけでも人間の体をアルカリ性に保ち、
血液をサラサラにしたり、コレステロールを下げたり、免疫力がアップしたり、
また疲労回復を促進する力があるのです。
「酢」のすばらしさを見直してみませんか?


【体に良い酢とは?】
「体に良い」と言われる酢は一般に長期熟成・発酵して造られた天然の醸造酢を指します。
これには黒酢、もろみ酢、香酢、きび酢などがあります。
酢は体の中では「クエン酸」というものになりますが、このクエン酸は人間の代謝機能には欠かせない物質なのです。クエン酸は体の中の余分な酸性物質と結合し、この酸性物質を炭酸ガスと水に分解します。その結果、人間としては健康で理想的なアルカリ性の体になるのです。



【酢の効果・効能は?】
天然の醸造酢には次のような効能があります。
・クエン酸が乳酸を分解するので疲労回復に良い。
・血圧を下げ、安定させる。
・血中の総コレステロール値を低下させる。
・食後の急激な血糖値の上昇を穏やかにする。
・免疫力がアップする。
・血液がサラサラになるので動脈硬化予防になる。
・活性酸素を減らすので、老化防止になる。
・脂肪燃焼、新陳代謝を促進、その結果ダイエットにも良い。
・体内でカルシウムの吸収率を高める。
・抗菌効果、防腐効果があるため、食中毒を防げる。


【酢の種類別効能】
[黒酢の効能]
黒酢には、クエン酸やアミノ酸が多く含まれています。黒酢の黒い色はポリフェノールという色素成分ですが、このポリフェノールには、生活習慣病を引き起こしたり、老化を促進する活性酸素(身体の中のサビ)を排除する働きがあります。また、ドロドロ血をサラサラにして血液の流れをスムースにしたり、疲労回復、成人病予防、ダイエットにも良いとされています。

[もろみ酢の効能]
もろみ酢は、他の酢に比べ、天然のクエン酸とアミノ酸の含有量が多く、酢酸分は少ないため、ツンと来る酸っぱさが少なく飲みやすい酢です。もろみ酢の効能は、疲労回復や消炎作用がある他、クエン酸サイクルを活発化するため、脂肪や糖の代謝を促し、ダイエットや美容にも良いとされています。

[香酢の効能]
香酢のアミノ酸含有量は米酢の10倍以上もあり、疲労回復、老化防止をはじめ、血液に関するさまざまな健康効果があるとされています。また、コレステロールの低下、血圧の安定、免疫力のアップなどに良いとされています。香酢は主に料理に使われます。

[きび酢の効能]
きび酢には、貧血を防いだり、高血圧の予防、骨粗しょう症の予防、疲労回復、コレステロール低下、糖尿病予防、ストレスを解消して精神を安定させるなどの働きがあるとされています。

【酢の飲み方】
「酢」は薬ではなく食品なので特に飲み方に決まりはありません。
簡単な飲み方の一例として、
水と酢とハチミツを10:1:1の割合で混ぜて飲んでみましょう。
暑い時には氷を入れるとさっぱりとしておいしくいただけます。
その他、ソーダ水で割ったり、ヨーグルトやジュースに入れたり、色々な料理にも使えます。

※「酢」を空腹時にストレートで飲むと、刺激が強すぎるため、胃を痛めることがあるので注意してください。

どうしても「酢っぱいものは苦手」という方はカプセル状のサプリメントなどもたくさん出回っていますのでお好きなものを選んでください。

やっぱり健康が一番!
MENU

体に良くておいしい天然水
自宅から郵送でできる健康診断
花粉の季節を乗りきろう
活性水素水がペットボトルで作れる!
すいか糖の作り方・イラスト図解
耳鳴り・難聴お助けグッズ
自宅でヨガ・ピラティスやってみよう
骨盤スクワットのやり方・イラスト図解

HOMEへ


 ●ただ今ブレイク中!●
 簡単!ミサンガの作り方・イラスト図解
 おいしい手打ちそばの作り方
 耳鳴り・難聴お助けグッズ
 ネットで人気のスイーツをチェック!
 手作り石鹸の作り方・イラスト図解
 手作り・アイデア貯金箱のヒント☆



スポンサーリンク





【PR】

スポンサーリンク




体に良い酢の種類
☆下にご紹介の黒酢、もろみ酢、香酢、きび酢の詳細につきましては、各画像をクリックしてください。
☆酢をご購入の際はクリック先の各販売店サイトにて詳細をご確認の上、手続きをお取りください。

黒酢



内堀醸造 臨醐山黒酢 900ml

(アマゾンより購入可能)


[黒酢の特徴]
玄米や大麦をひとつの壺の中で天然発酵し、1年~3年という長い時間をかけて、熟成させたもの。
こうじ菌や乳酸菌の作用でアミノ酸が茶色になる為、出来上がった酢は黒っぽい色をしている。
じっくりと時間をかけて熟成させるので、アミノ酸をはじめとする各種有機酸が豊富につくりだされ、他の酢より多く含まれている。




もろみ酢



貿易屋珈琲店 琉球麹もろみ酢 720ml

(アマゾンより購入可能)


[もろみ酢の特徴]
もろみ酢とは、黒麹菌を使用する泡盛(沖縄の地酒)や焼酎からできる天然醸造酢のこと。
泡盛は米(タイ米)と黒麹を合わせて発酵させ、できたもろみ(酒粕)を蒸留したものであるが、このもろみからアルコール分を取り除いて抽出したものがもろみ酢となる。
もろみ酢はこうじ菌由来のクエン酸やアミノ酸が多く含まれているため、刺激が少なくまろやかで飲みやすい酸味が特徴。

香酢



ユウキ食品 鎮江香酢(チンコウコウズ) 500ml

(アマゾンより購入可能)


[香酢の特徴]

香酢は古くから中国で作られている酢で、もち米、麹、塩を原料として、半年以上かけて専用のカメの中で発酵させたものを言う。
現在では、中国政府国宴指定の専用名酢とされ、100%天然の穀物を使用している。
香酢はつやのある黒色をしており、またその名の通り、香りが高くまろやかな酸味が特徴。加熱しても香りが失せることはないので、料理にも幅広く使われている。


きび酢



かけろま きび酢 700ml

(アマゾンより購入可能)


[きび酢の特徴]
きび酢は、鹿児島県の奄美大島南端に位置する加計呂麻島に、古くから伝わる酢で、さとうきびだけを原料として造られる。
奄美大島周辺には、空気中に酢酸菌が浮遊しており、しかも湿度と温度が酢の熟成に最も適していると言われている。
きび酢には、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルぶんが豊富にバランス良く含まれている反面、気になるナトリウムは少ないのが特徴。また、最近話題のポリフェノールも多く含まれている。

スポンサーリンク
夢ひろい原っぱHOMEへ