夢ひろい原っぱ

愛らしい雪の妖精・シマエナガ

シマエナガとは、北海道にだけ生息している小さな小さな鳥です。
真っ白な羽毛に覆われ、クリッとした丸い目が何とも可愛らしく、「雪の妖精」とか「雪ん子バード」などと呼ばれています。

最近になってシマエナガの写真集やカレンダー、ぬいぐるみなどが販売され、その人気にますます拍車がかかっています。


シマエナガ ぬいぐるみマスコット

(※この商品は、アマゾンで取り扱っています。)

 

クローバーシマエナガは小さな鳥

うさッチャうさッチャのおせっかいメモ

写真を見ただけで、「えっ! 何これ?・・・かわいい!!」となってしまうのが、シマエナガという名の小さな鳥。

真っ白で、ふわふわしていて、黒くて丸い目が可愛くて・・・本当に雪の妖精みたい。
そっと手のひらにのせてみたくなる。そんなシマエナガが人気になっているよ。

この小さな鳥、シマエナガが広く知られるようになったのは、動物写真家の小原玲氏が2016年に出版した「シマエナガちゃん」という写真集がきっかけと言われているよ。

北海道に行ったら本物のシマエナガに会ってみたいなあ・・・。

色々なシマエナガグッズはこちら
  ⇒ シマエナガグッズ(アマゾン)

 

雪の妖精・シマエナガの魅力とは?

シマエナガは、漢字では「島柄長」と書きます。
尾羽が長めの鳥類を「柄長(エナガ)」と呼んでいますが、シマエナガもその仲間です。

現在、北海道のみで見られるシマエナガは全長が14cmほどですが、長い尾羽を除くと体長は数cmしかなく、日本に生息する鳥の中で最小と言われています。

そんなシマエナガの魅力は、何と言ってもふわふわした真っ白な羽毛と小さな顔、そして黒くつぶらな目です。

写真を見ただけで、その可愛らしさに魅了されてしまったり、時には癒されたり・・・と、シマエナガの人気は今も上昇中です。

 

シマエナガの写真集のご紹介

    
シマエナガちゃん

この写真集がきっかけで、シマエナガの存在が広く知られるようになったと言われます。
動物写真家の小原玲氏が撮影した、愛らしいシマエナガの成長の様子をオールカラーで見ることができます。

また、第2弾の「もっとシマエナガちゃん」も好評です。

    
雪の妖精 シマエナガ

写真家・嶋田 忠氏のシマエナガ写真集です。
シマエナガの色々な表情や可愛らしい仕草などが、美しく鮮明な画像で掲載されています。

    
シマエナガさんの12カ月

北海道の地元自然写真家3氏による、シマエナガの写真集です。
1年を通してシマエナガの様子を撮影したもので、愛らしい表情とともに四季の生態を知ることができます。

 

シマエナガはどこで会える?

シマエナガは、北海道の旭山記念公園で時々見られるとの情報があります。
北海道に旅行した際は、ぜひ訪ねてみてください。

北海道旅行ならこちらがおススメ!

 

めづらしもの発見! MENU

夢ひろい原っぱ MENU

夢ひろい原っぱ HOMEへ

 

スポンサーリンク