ハナモグラ貯金箱の作り方


夢ひろい原っぱの人気者!ひょうきんな鼻がかわいいハナモグラ。
そのハナモグラの手作りアイデア貯金箱の作り方をご紹介します。
上からお金を入れて後ろのストローをひっぱると
鼻が閉じてお金が下に落ちるという仕掛けになっています。
ちょっと複雑ですが、実際に作ってみると意外と簡単に作れます。
夏休みなど親子で是非、チャレンジしてみてくださいね。

用意するもの
ペットボトル(500ml)・画用紙・太目のストロー・ピンクのフェルト
細い針金・極細バネ(幅3mm×長さ1cm位のもの・針金を巻いて作っても良い)
糸・太目のモール・紙粘土・水彩絵の具
ハナモグラ貯金箱作り方1 画用紙を4cm×6cmに切り、図のように折り、ストローの端から4cmくらいの所にテープで貼り付ける。
ハナモグラ貯金箱作り方2 画用紙を7cm×12cmに切り、図のように切り込みを入れ丸めて筒型にして、1cm重ねてテープでとめる。
上に5cm残して切り込みを入れる。
ハナモグラ貯金箱作り方3 ペットボトルの上下を切り取り(長さは自由に)上から5cmのところにストローがスルスル入るくらいの穴をあける。反対側の同じ場所にも穴をあけ、続けて図のように切り取り、上から筒を入れてテープで固定する。
この時、丸いほうを丸いほうに合わせる。
また、ストローを差し込んだ時にスムーズに動くかどうか確認する。
ハナモグラ貯金箱作り方4 周りに紙粘土をつけてモグラの形にする。
切り取った部分は開けておく。
頭のてっぺんに図のようにお金の投入口を作る。
後ろから画用紙のついたストローを差し込む。
ハナモグラ貯金箱作り方5 ピンクのフェルトを図のように切り、真ん中に小さな穴を開ける。
穴から針金を差し込み、バネの真ん中にひっかけてねじる。フェルトを形良くつぼめて糸でしっかりしばる。
※ここで使用するバネは作っても良いが、使えなくなったボールペンなどを分解すると先のほうから小さなバネが出てくる場合があるのでそれを使用しても良い。
ハナモグラ貯金箱作り方6 ストローの先に1.5cmくらいの切り込みを入れて開き、鼻を差し込み、ぎゅっと引っ張り、後ろ側でしっかり巻きつけて固定する。
ハナモグラ貯金箱作り方7 切り取ったペットボトルの底にモールをつけてしっぽを作り、本体にはめ込む。
キャラクターデザイン・巴世里
「手作りぬいぐるみキット・ハナモグラ」
こちらのページでご紹介しています。

ハナモグラのぬいぐるみ
手作り・アイデア貯金箱のヒント☆のページはこちらです。

夏休みの貯金箱の作り方の参考にしてください。
アイデア貯金箱の本やアイデア貯金箱キットも紹介しています。


手作り・アイデア貯金箱のヒント☆のページへ

夢ひろい原っぱHOMEへ