夢ひろい原っぱ

インターネットで本を買うには・・・

インターネットで本やDVDを買ってみたいけど買い方がわからない。
初めてなのでちょっと不安・・・・そんな方のためのページです。
一度、わかってしまえばとっても簡単です。自宅にいながらお目当ての本を探す事もできるし、注文後、早ければ一両日中には届きます。

 

アマゾンで本を買ってみよう

まず、おすすめはネットの本屋さんでは最大手のアマゾンです。
単行本、文庫本、コミック、雑誌など、あらゆる本が揃っています。最近では、パソコンやスマートフォン、タブレットなどからダウンロードしてすぐに読むことができる電子書籍(Kindle版)も増えてきました。

下のサーチボックスのキーワード欄に欲しい本の名前や作者名、探したい本のキーワード(たとえばガーデニング関係の本なら「花 肥料」など)を入力して「GO」のボタンを押してみてください。

何冊かの本が表示されます。
その中で気になる本がありましたら、画像や本のタイトルをクリックして詳細ページに移動します。そこで本の内容や価格、カスタマーレビュー、在庫などを確認します。

買う本が決まったら、右側の「カートに入れる」という四角のボタンをクリックします。次に「レジに進む」ボタンをクリックしますが、最初の注文時にメールアドレスとパスワード(自分の好きなアルファベットや数字)を設定して、アカウントを作成しておきます。

その後、お届け先住所、配送オプション、お支払い情報などを入力または選択します。
最後に「注文合計金額」と「発送予定日」を確認し、それで良ければ、「注文を確定する」のボタンを押します。これで注文完了です。

次回の注文からはメールアドレスとパスワードだけを入力してサインインし、好きな本を選べば簡単に買うことができます。

本には、表紙が同じでも書籍版とKindle版とがあり、価格が異なります。カートに入れる前に良く確認しましょう。

注文時に「お急ぎ便無料で カートに入れる」のチェックを入れると「Amazonプライム無料体験」を試すことができますが、30日後に自動的に有料会員登録となり、年会費が必要となります。
アマゾンでたくさんの本を買うようになってから登録しても遅くはありません。

 

ふくッチャふくッチャの物知りメモ

カート(買い物かご)の中にはね、何冊でも本が入るよ。
本ばかりじゃなくてDVDだのゲームソフトだのアマゾンで扱っている商品ならなんでも入るんだよ。

買い物の途中で気が変わって「この本はやっぱり買うのや~めた」っていうのがあったらいつでも取り消す事ができるんだ。「削除」っていうボタンを押せばいいんだよ。
そうすると、ショッピングカートの中からその本が消えるはずだよ。

最後に買いたい本が決まったら「注文合計金額」と「発送予定日」をよ~く確認してね。
商品によって「24時間以内に発送」とか「1週間以内に発送」なんていうのもあるからね。
そして、「注文を確定する」のボタンを押せば注文完了!

まもなく最初に設定したメールアドレスに「Amazon.co.jp ご注文の確認」というメールが届くよ。
その後、もう一通、注文した商品が発送されるときに「Amazon.co.jp ご注文の発送」というメールが届くよ。あとは品物が届くのを楽しみに待つだけ~♪

あとね、、もしお目当ての本が品切れしていたら、「マーケットプレイス商品」の中から探す事もできるよ。これはその本を持っている人が出品しているものなんだけど、新品の場合もあるし、中古の場合もあるよ。

中古の場合は安い値段で買える場合が多いけど、まれに希少価値のある本は高い場合もあるよ。でもオークションと違って、表示されている値段以上にはならないから安心だね。
ただし、「マーケットプレイス商品」の場合は送料がかかるし、個人の発送だから時には支払い方法や商品の状態などで、トラブルが起こることもあるから気をつけてね。

アマゾンでは他にエレクトロニクス、ホーム&キッチン、ミュージック、DVD/ビデオ、ソフトウェア、ゲーム、おもちゃ&ホビー、スポーツ用品など色んなものが揃っているよ。

本を買う場合は、下のリンクをクリックするとアマゾンのサイト(本のページ)に飛べるよ。
左上の「はじめてのお客様へ」のコーナーでは、「お買い物のサポート」や「支払い方法について」について詳しい説明を見ることができるよ。
ヘルプデスクも充実しているから、分からない事があったら何でも問い合わせしてみよう!

⇒ アマゾンの本のページへ

 

アマゾンとは別に、「古本全巻セット専門店」というところもあります。 お気に入りの古本漫画を全巻揃えたいという方は、1度のぞいてみてください。



読み終えてたまっちゃった本は売ってみよう。
ブックオフでは自宅まで取りに来てくれます。

ブックオフオンライン

ステキな本はいかが? MENU

夢ひろい原っぱ MENU

スポンサーリンク