クローバー
夢ひろい原っぱロゴ
夢ひろい原っぱ・ふくっチャとうさっチャ

クローバー楽しく書ける「えんぴつで奥の細道」

日本古典の代表的な紀行作品の「奥の細道」
この作品をえんぴつでなぞっているうちに
松尾芭蕉や曾良と一緒に旅をしているような気分を味わえて
いつの間にか字も上達しているという本が「えんぴつで奥の細道」です。

     ふくっチャのもの知りメモ

「奥の細道」と言えば中学校の国語の授業で習ったのを覚えてる?
松尾芭蕉と弟子の河合曾良が元禄時代に著わした日本古典の代表的な紀行作品だよね。

1689年(元禄2年)に江戸を出発して東北、北陸を巡って1691年に江戸に帰るまでの67日間、2400キロの旅の記録だよ。
その時、芭蕉は46歳、曾良は41歳だったんだよ。

この紀行文には所々に俳句が読み込まれているんだよ。
たとえば旅立ちの句では
   行く春や 鳥啼(なき) 魚の目は泪

この旅の記録が薄い文字で印刷されていて、えんぴつでなぞっているうちに自然に字の練習ができてしまうというのが「えんぴつで奥の細道」って言う本だよ。

全編が50章、一日の分量は1〜3ページの構成になっている。
芭蕉や曾良と一緒に旅をしているような気分にひたりながら、無心にえんぴつで字をなぞっているうちに気分もリフレッシュ!いつの間にか字も上手になっている!・・・そんな本だよ。






※アマゾンで品切れになっている場合は、マーケットプレイス(出品者)よりお買い求めいただくことができます。
ステキな本はいかが?!
MENU
インターネットで本を買うには・・・
マザー・テレサに「無償の愛」を学ぼう
ねこ好きな人が好きな本
美しさにため息・大人の塗り絵
星の王子さまとサン=テグジュペリ
親子で読みたい絵本
付録が魅力のブランドムック本
HOMEへ


 ●ただ今ブレイク中!
 簡単!ミサンガの作り方・イラスト図解
 おいしい手打ちそばの作り方
 耳鳴り・難聴お助けグッズ
 布ぞうりの作り方・イラスト図解(1)
 手作り石鹸の作り方・イラスト図解
 手作り・アイデア貯金箱のヒント☆



楽しみながら字の練習ができてしまう本のご紹介です。
ここでご紹介の本は、アマゾンで購入することができます。
本の詳細は、画像をクリックしてください。(アマゾンのサイトに移動します。)


夢ひろい原っぱHOMEへ