夢ひろい原っぱ

すいか糖の作り方・イラスト図解

紫外線はお肌にシミやシワを作るばかりではなく、血をドロドロにして血栓を作ったり、免疫力を低下させたりします。そんな紫外線デトックスとして注目されているのがすいか(スイカ)です。
ご家庭でも簡単に作れるすいか糖エキスの作り方をイラスト図解します。

すいかは、紫外線デトックスに効果的

うさッチャのおせっかいメモ

紫外線と健康の関係について説明するね。

昔はお日様にあたるのはとても健康に良かったのだけど、現在はオゾンホールの拡大なんかの影響でお日様と一緒にふりそそぐ紫外線がとっても怖いのよ。

お肌にシミやシワを作る他、血がどろどろになって血栓を作ったり、免疫力を低下させたり、DNA破壊までおこしちゃうのよ。日焼けも重症化すると皮膚がんの原因にもなると言われているの。

その紫外線デトックスとして注目されているのがスイカなの。
スイカには紫外線によって体内に作られた活性酸素スーパーオキシドを消すシトルリン(アミノ酸の一種)が含まれているの。

それとね、スイカの赤い色素はリコピンっていうんだけど、これも活性酸素を取り除いてメラニンの生成を促す物質の発生を抑制する働きがあるのよ。

スイカに含まれるリコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍、また含まれる量もトマトの1,5倍もあるんですって!その他食物繊維やフラボノイドも含まれているからお肌や身体にはとってもいいのよ。

でもね、スイカはおなかを冷やす作用があるからたくさん食べるのは大変!そこでスイカの産地では昔から「すいか糖エキス」というものが作られていたのよ。

お家で簡単に作れるから、スイカが出回る季節になったら、ぜひ作ってみてね。

すいか糖エキスの作り方

すいか糖1(1)スイカ(大なら4分の1、小なら1個)の皮を取り、種ごとミキサーにかけます。
すいか糖2(2)ミキサーにかけたものをきれいな布などでこします。
すいか糖3(3)こしたものをなべに入れ、中火で温めます。
すいか糖4(4)アクやよどみ(赤い浮遊物)を取り除きます。
すいか糖5(5)アクを取った後、40分から50分煮詰めます。
すいか糖6(6)トロッとしてきたら、火をとめて出来上がりです。

※出来上がったすいか糖エキスはよくさましてから、熱湯消毒したビンに詰めて保存してください。冷蔵庫で1週間くらい保存可能です。

※すいか糖は1日小さじ1~2杯をめやすに食べてくださいね。(ただし、糖尿病の方は注意)
コーヒーや紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけたり、クラッカーやパンにつけて食べたり、 また料理の隠し味としても利用できます。

スポンサーリンク

 

ネットで買えるすいか糖エキス

すいか糖を作りたいけど「時間的な余裕がない」「上手に作れるかどうか不安」という方は、アマゾンや楽天市場から「すいか糖エキス」を購入することができます。

⇒ すいか糖エキス(アマゾン)

⇒ すいか糖エキス(楽天市場)

やっぱり健康が一番! MENU

夢ひろい原っぱ MENU

スポンサーリンク